家庭教師のバイトは時給が高い?仕事の探し方や働く際のポイントなどを解説

  • #バイト探し

2021.07.26

家庭教師のバイト サムネイル 家庭教師のバイト サムネイル

家庭教師のバイトに興味がある方向けに、仕事の内容を紹介します。

時給が高いことで有名ですが、仕事は大変なのか疑問があるでしょう。

仕事の探し方や働く際のポイントも紹介します。

マッハバイトで
バイトを探す

家庭教師のバイトの仕事内容を紹介!探し方は?

家庭教師のバイト イメージ画像

家庭教師のバイトは、時給が高めなことから大学生に人気です。

働く時間も少なく、週1回くらいから働けるため、学業との両立がしやすいでしょう。

しかし、どのくらい勉強の知識が必要なのか、どのような指導方法なのか気になるかもしれません。

家庭教師のバイトの仕事内容と探し方を紹介しますので、これからバイトしたい方は参考にしてみてください。

 

家庭教師のバイトの仕事内容

家庭教師のバイトの仕事内容を、具体的に紹介していきます。

仕事内容としては、宿題を見る事や受験対策などが挙げられるでしょう。

内容に興味がある方は、ぜひ参考にしてください。

 

小学生や中学生の宿題の手伝いや補習

家庭教師のバイトの仕事として、宿題の手伝いや補習があります。

宿題の補佐の対象は、小学生や中学生のため、家庭教師になる人の学歴はあまり問われません。

小学生であれば、教える前に簡単な復習をするだけで、教えることができるでしょう。

宿題を教える補佐は、あくまでも手助けのみです。

進め方がわからないときの指導や、わからない点を教えます。学

校で宿題が出されるのは、授業で習う復習や予習の意味があります。家

庭で自主学習する習慣をつける意味のためにも宿題が必要です。

家庭教師が一緒に宿題をすることで、楽しさを感じられるといいでしょう。

達成できた喜びを伝えられれば、生徒が自主的に学習できるようになります。

家庭教師は、生徒に対し精神的なサポートもしていきます。

 

受験対策やテスト対策

家庭教師を依頼する目的には、受験対策やテスト対策の場合があります。

目的がはっきりしているときは、家庭教師の仕事に成果が求められるでしょう。

具体的な学習内容は、希望の学校の過去問や参考書などを使った指導方法です。

家庭教師も事前に予習をしておくといいでしょう。

在籍する家庭教師の会社によっては、問題集が支給されることがあります。

受験やテスト対策の場合は、短期間で成果を出すことが求められます。

生徒の苦手な部分を把握して、集中的に伸ばすようにしましょう。

家庭教師にとっても、生徒の成長を見られるため、やりがいを感じられる仕事内容です。

 

高校生の推薦・AO入試対策

高校生を対象とした家庭教師の場合は、大学受験対策の仕事があります。

推薦やAO入試対策は、芸大や音大などでも求められるでしょう。

学校から推薦される生徒になるには、普段の学力の高さや活動実績の評価が必要です。

推薦には、指定校推薦・公募制推薦・自己推薦があるため、それぞれの種類を把握しておきましょう。

評価基準を満たすためには、高校1年生~3年生までの評価を高めることが重要です。

そのため、家庭教師のバイトは、長期にわたることが予想されるでしょう。

また、推薦入試の選考では、面接や小論文対策が必要です。

学科試験があれば、過去問などを使った対策が求められます。

また、AO入試対策は、自己推薦と似ています。

AO入試は高校生時代の学力の高さより、個性や学ぶ姿勢が重要で、面接や小論文の対策が必要になるでしょう。

家庭教師は、生徒が書いた小論文を読んで、細かな添削をしていきます。

 

家庭教師のバイトの探し方

家庭教師のバイトを始めるとなると、探し方が問題になるでしょう。

求人情報は、さまざまな場所で提供されています。

自分に合った求人情報を活用してみましょう。

 

家庭教師派遣会社に登録

家庭教師のバイトを始める方法は、派遣会社に登録するのが一般的です。

派遣会社は、家庭教師の求人を扱う会社を選びましょう

。登録すると、希望のエリアや時間帯に合った派遣先を紹介してもらうことができます。

仕事は、短期や週1なども選択が可能です。派遣会社から仕事を紹介してもらったら、自分の希望に合うか確認しましょう。

条件に合わなければ断っても構いません。

できるだけ希望とマッチングさせたいなら、エリア・時間・曜日・生徒の年齢や性別など条件を細かく指定してください。

派遣会社によっては、事前の研修制度を設けている場合があります。

模擬授業を体験してからなら、初めての家庭教師のバイトでも不安を軽減できます。

または、現地にスタッフが同行して、学習方法を指導してくれる派遣会社もあるので、初心者にとって安心です。

 

口コミや紹介

家庭教師のバイトは、知り合いからの紹介で仕事を始める人もいます。

周りに家庭教師のバイトをしている人がいるなら、仕事の空きがないか声をかけておきましょう。

家庭教師のバイトは、学生同士の口コミで紹介されるケースが少なくありません。

家庭教師のバイトは、大学生に人気があります。

良い条件のバイトは、求人に出される前に口コミで次の人が決まっている場合があるでしょう。

普段あまり話したことがない知人でも、家庭教師のバイトをしているようなら、声をかけておいて損はありません。

大学生なら、同じサークルや研究室に所属する人に声をかけることも考えてください。

または、先輩に派遣会社の情報を聞くのもいいでしょう。

 

その他

周りに家庭教師のバイトをしている人がいないなら、大学の掲示板もチェックしてみてください。

学校によっては、バイト情報を積極的に提示してくれるところがあります。

大学の掲示板に掲載される求人は、特定の大学の学生を求めているのでしょう。

ネームバリューのある大学なら、一般の求人より時給が高めになっている場合があります。

大学の掲示板で見つかりにくい場合は、直接学生課に聞いてみましょう。

タイミングが良ければ、貼りだす前の求人情報を聞き出せるかもしれません。

また、見逃せないのが、インターネット掲示板やSNSです。

SNSで知り合った学生からの情報で家庭教師のバイトにたどり着くこともあります。

大学生のプロフィールをSNSで公開していれば、家庭教師派遣会社からのスカウトもありえます。

家庭教師のバイトに必要な学歴やスキルとは?高学歴でなくてはだめ?

家庭教師のバイト イメージ画像2

家庭教師のバイトは、高学歴の人だけのものだと思っていないでしょうか。

必ずしも高学歴である必要はありません。

どのようなバイトで学歴が求められるのか、学歴がなくてもできるバイトを解説していきます。

 

原則としては高卒以上が望ましい

家庭教師のバイトで最低限求められる学歴は、高卒以上です。

高校を卒業した人であれば、小学生や中学生の指導ができるためです。

小中学生向けの家庭教師のバイトなら、偏差値は問われない場合が多いでしょう。

 

高校生ができる家庭教師のバイトは、かなり数が少ないと思っておきましょう。

家庭教師の求人情報を見てみると、専門学生・短大生・大学生・大学院生の募集がほとんどです。

 

学歴が気になる方は、勉強が苦手な小中学生向けの家庭教師のバイトを選んでください。

小中学生向けの指導なら、学歴よりもやる気が問われています。

指導する側がどのくらい勉強できるかではなく、わかりやすい指導法や生徒のやる気を引き出すスキルが大切です。

 

対応する生徒によって必要な学歴が異なる

家庭教師のバイトで教える生徒は、小学生から高校生までと幅広い年齢がいます。

中には大学生向けの家庭教師のバイトもあるでしょう。

生徒の年齢が幅広いため、家庭教師に求められる学歴もさまざまだと思っておいてください。

例えば、勉強が苦手な小学生や中学生向けなら、学歴は問われません。

学歴を問わず働きたいなら、小中学生の生徒を多く抱える派遣会社に登録しましょう。

一方で、受験を控える高校生が多い派遣会社は、家庭教師にもそれなりの学歴を求める傾向があります。

つまり、自分の学歴に合わせて派遣会社を選べるということです。

 

自分の大学の偏差値に自信がない場合、それを気にして登録を躊躇してしまうこともあるかもしれません。

しかし、どのような大学であろうと、高卒であることに変わりがなく、大学に受かる学力は証明できています。

家庭教師のバイトは、学歴を気にするより、スキルやコミュニケーションスキルが重視される場合があります。

 

学歴や「高校生可」だと優遇される場合も

高偏差値とされる大学に通っているなら、家庭教師のバイトの時給が優遇される場合があります。

知名度の高い国立大や私立であれば、受験を控えた高校生に対応しやすいためです。

誰もが聞いたことのある大学に入っているなら、時給の高さで派遣登録先を比較してみてください。

 

特に、「高校生可」と履歴書に記載できれば、アピールできます。

高校生の受験対策に特化した派遣会社は少ないのですが、高学歴なら応募してみる価値はあります。

高学歴だと特定の大学の受験経験があるため、経験を活かすことができるでしょう。

または、生徒にわかりやすく教えるスキルもアピールできます。

家庭教師の頭が良くても、教えるのが苦手だと、生徒の成績を上げることは難しいかもしれません。

過去に生徒を有名大学に合格させた経緯は、好待遇を得られるチャンスです。積極的にアピールしましょう。

 

受験対策の場合は高学歴が必須

難関といわれる大学の受験対策の場合は、それ相応の大学の学歴が必要です。

応募する人が合格した経緯があれば、十分指導できる能力があると判断されます。

一般的な大学受験対策でも、ある程度の学歴は求められるでしょう。

応募する側が高卒だと大学受験の経験がないため、担当するのは難しい可能性があります。

大学受験対策を担当するなら、少なくとも大学での経験が必要です。

受験対策といっても、研修や資料などで指導方法は学ぶことができます。

しばらく受験から遠ざかり対策を忘れていたとしても、事前の勉強で学べるため安心です。

 

学生だけでなく主婦や社会人でもOK

家庭教師のバイトは、主婦や社会人でも応募できます。

学生だけが対象ではないため、教えるのが好きな方や、教えるスキルが高い方はチャレンジしてみましょう。

主婦なら日中の時間を活用しながら、社会人なら土日のみのバイトがおすすめです。

小中学生への指導は、学歴よりもわかりやすいことが大切です。

主婦なら子どもの対応に慣れているため、親しみのある指導者になれるでしょう。

社会人でも、今までのコミュニケーションスキルを活用することができます。

家庭教師の要素で重要なのは、自身が学ぶ姿勢です。

研修で習った指導に頼るだけでなく、どうやったら生徒がわかりやすくなるのか考えられる方に向いています。

家庭教師のバイトの時給はどのくらい?

家庭教師のバイト イメージ画像3

家庭教師のバイトをするなら、時給が気になるでしょう。高時給だといわれる家庭教師のバイトですが、1,000円前後とそれほど高くならないケースもあります。自分がどのくらいのバイト代を求めるのか考えながら、比較してみてください。

 

家庭教師のバイトの給与は雇用形態や学歴によって異なる

家庭教師のバイトの時給として、実例を挙げて紹介していきます。

雇用形態やその人のスキルによっても時給が変わるため確認が必要です。どのくらいの時給になるのか、それぞれのパターンで紹介していきます。

 

派遣の場合

家庭教師派遣会社の場合、90分あたり1,000円~2,000円くらいが相場です。

大学受験対策ができるなら、90分あたり2,000円以上が目指せます。

普段の学習指導や宿題を見るなどのケースでは、時給が安くなる傾向があります。

一方で、受験対策は結果が求められるため、時給が高くなりやすいでしょう。

自分がどのような指導法に対応できるか考えながら、適切な時給のところを選んでください。

 

派遣の場合は、給与とは別に交通費が支給されるケースが多いようです。1単位ごとの単価がそのまま給料になります。

ただし、派遣会社から仲介手数料が引かれるため、個人契約と比べると時給は安くなります。

 

個人契約の場合

個人契約の家庭教師の場合も、教える内容により単価が異なります。

日々の学習指導なら単価が安くなり、受験対策なら単価がアップするでしょう。

個人契約なら、派遣会社に取られる仲介手数料がないため、その分高めになる場合があります。

また、保護者によっても相場が変わります。

派遣会社のように会社の規定が存在していないため、保護者と相談しながら単価を決めていってください。

結果を出すことができれば、単価アップの交渉もしやすいでしょう。

 

個人契約だと、自らが学習していき、わかりやすい指導を心がける必要があります。

派遣会社のような研修制度はないため、ある程度の経験を積んでからがおすすめです。

または、有名大学の受験経験があるなど、教える力に自信がある方に向いています。

 

給与の受け取りについて

家庭教師のバイトを始めるなら、給与の受け取り方を確認しておいてください。

一般的なバイトとは受け取り方が異なる場合があります。

どのように給与を受け取るのか、または注意点があるのか解説していきます。

 

受け取り方法は契約時に確認する

家庭教師の給与の受け取り方は、派遣なのか個人なのかで異なります。

派遣会社に登録しているなら、派遣会社から1か月分をまとめて受け取れるでしょう。

個人契約なら、月の最後の授業の日に、生徒の家族から直接渡される場合が多いようです。

どちらの受け取り方にしても、しっかりと契約書を交わすようにしてください。

給与の受け取り方法を曖昧にしてしまうと、いつ支払われるのかわからない不安があります。

契約書には、いつの支払いにするのか、どうやって支払うのかを記載します。

 

また、個人契約でお金を受け取ったら、その場で金額を確認してください。

間違っていれば、その場で足りない分を受け取りやすいでしょう。

後から指摘するとトラブルに発展しやすいため注意してください。

 

税金や年末調整、確定申告もチェック

家庭教師のバイトは、雑所得なのか給与所得なのか判断が難しいところがあります。

派遣会社に登録していても、業務委託での契約が少なくありません。

業務委託であれば雑所得だと判断する場合があります。個人契約も給与ではなく、雑所得という解釈が多いようです。

雑所得の扱いであれば、基礎控除の48万円を超えなければ税金はかかりません。

 

給与所得であれば、基礎控除48万円に給与所得控除65万円をプラスした113万円を超えなければ、税金はかかりません。

これが「113万円の壁」です。ただし、給与所得の額で基礎控除と給与所得控除の額が変わるため、収入が増えた場合は注意してください。

家庭教師のバイトが雑所得になるかは、お近くの税務署に尋ねると確実です。

個人契約や業務委託であれば年末調整がなく、自分で確定申告する必要があります。

家庭教師のバイトの特徴や採用されるためのポイントを紹介

家庭教師のバイト イメージ画像3

ここからは、家庭教師の特徴を紹介していきます。家庭教師の特徴を知っておくと、スムーズに応募しやすいでしょう。

 

家庭教師バイトの特徴

家庭教師のバイトの特徴として実例を挙げて紹介していきます。

他のバイトとの違いや、家庭教師をするやりがいを確認してみてください。

 

個人契約の場合は給与は手渡しで単価も高い

すぐにお金を得たいときは、家庭教師の個人契約がおすすめです。

給与の支払いは家庭ごとにルールを決められるため、1日単位や1週間ごとなどの受け取りもできます。

個人契約なら手渡しのため、すぐに現金が得られるメリットがあるでしょう。

 

一方で家庭教師の派遣会社だと、会社のルールに従う必要があります。す

ぐにお金が欲しい人は、短期間での支払いに対応できるか事前に確認してください。

多くの場合は1ヶ月単位で、銀行振込となります。

 

また、単価も個人契約だと手数料がなく高単価が狙えます。

家庭ごとの言い値となるため、交渉次第では高単価が得られることもあります。

派遣会社では受験対策で2,000円~3,000円なのに対し、個人契約では最大5,000円の単価も可能です。

 

生徒と共に成長できる!やりがいがありおすすめ

家庭教師のバイトは、生徒と一緒に自分も成長できるメリットがあります。

特に教師を目指している人や、人に教えるのが好きな人におすすめです。

生徒の成長は、頑張るほど感じられるでしょう。

苦手科目をどうやって克服するのか考えながら指導すると、生徒の成長を感じられます。

結果は、テストの点数で出るため、わかりやすくやりがいを感じられる仕事です。

 

また、生徒が自主的に宿題をやるようになる成長も目で見ることができます。

中には、机に座るのさえ難しかった生徒でも、少しずつ楽しみながら勉強できる工夫をすることで、集中力がつくケースもあるようです。

家庭教師は1人の生徒にじっくり向き合えるため、教える力がつきやすく、生徒とのコミュニケーションも深められます。

家庭教師のバイトに応募する際のポイント

家庭教師のバイト イメージ画像4

家庭教師に初めて応募するときは、不安がつきものです。採用してもらえるためのポイントを紹介していきますので、参考にしてみてください。

 

履歴書にはきちんと学歴やスキルを記載する

家庭教師のバイトの履歴書では、学歴がよく見られています。

学歴の記載は、小中学校なら卒業のみで構いません。高校からは入学と卒業も記入しましょう。

学校名は「高等学校」と記載して「高校」と省略しないようにしてください。

 

大学の学歴は、学部・学科・専攻名まで詳しく書きます。在学中なら「在学中」と書いてください。

過去に指導経験があるときは、職歴に記載します。アルバイトも含めて職歴に記載して構いません。

 

学歴が高いと、報酬の単価が高くなる場合があります。指導経験のスキルも報酬に影響することがあるので、忘れずに記載するようにしてください。

 

個人契約の場合は準備をしっかりと行う

家庭教師の個人契約の場合は、報酬や雇用契約などの下調べをしておきましょう。

特に確認しておきたいのは、単価の面です。

個人契約は単価を自由に設定できるため、高学歴の方やスキルが高い方は、単価を高めに設定できるか考慮してください。

 

また、自分で契約することになるため、契約書の確認も必要です。

契約書はネット上にあるテンプレートを活用することができます。

必要な項目が足りなければ、自分で付け加えてください。

 

個人契約で注意したいのは、口約束になってしまう点です。

休暇が取得できない、お金のトラブルが発生するなどの問題があります。

すべて自分で対応しなければならないので、応募する前に必要な知識を取り入れておいてください。

 

生徒や保護者との信頼関係を大事にする

家庭教師のバイトは、生徒や保護者との信頼関係が重要です。

生徒だけでなく、保護者の方ともコミュニケーションをとるようにしてください。

普段から会話をしていれば、些細なトラブルは防げるものです。

 

生徒との信頼関係を築くために、勉強以外のことも話すことです。

学校生活のことや友達の悩みなども聞いてあげましょう。

ただし、生徒と恋愛関係になるのは避けたいため、同性の生徒を選ぶのがポイントです。

 

保護者の方からは、お菓子や食事をごちそうになる場合もあるかもしれません。

コミュニケーションを深めるチャンスのため、遠慮しないでください。

保護者からのご厚意があったときは、社会人としてきちんとお礼を言いましょう。

家庭教師のバイトのメリットとデメリットを紹介

家庭教師のバイト イメージ画像5

ここからは、家庭教師になる前に確認しておきたいことを紹介します。

事前に、家庭教師のメリットとデメリットを知っておけば、バイトで失敗を減らせるでしょう。

 

家庭教師のバイトのメリット

家庭教師のバイトのメリットは、時給が高いこと、教える力がつくこと、やりがいが得られること、コミュニケーションスキルがつくことです。それぞれどのようなメリットがあるのか紹介していきます。

 

比較的時給が高い

短時間でしっかり稼ぐことができるでしょう。

短い時間の勤務なら、忙しい大学生でも取り組みやすいメリットがあります。

また、家庭教師は短時間で済むため、アルバイトのかけもちが可能です。

家庭教師は平日のみで、別のアルバイトは土日のみなど調節もしやすいでしょう。

家庭教師のアルバイトは、派遣や個人契約に関わらず、シフトの融通が利くケースが多いようです。

 

教える能力が向上する

家庭教師のアルバイトは、教える力がつきます。誰かに教えるのは、自分が勉強する以上に難しいことです。

生徒がどこを理解しているのか把握しなければなりません。

また、相手にわかりやすい教え方も心がけなければならず、教えるスキルが向上します。

 

人に教えるスキルは、社会人になっても役立つことです。

社会人になれば部下をもつようになるため、指導力があれば役立つでしょう。

人に教えるスキルが学べる機会は、それほど多くはありません。家庭教師はお金をもらえて、教える能力も向上するアルバイトです。

 

生徒の成長が感じられる

家庭教師のアルバイトは、生徒の成長を感じられる仕事です。

担当している生徒が良い点数を取れば、自分のことのように嬉しくなるでしょう。

入試対策を指導しているなら、合格の連絡をもらい嬉し泣きする方も少なくありません。

人の役に立ちたいと思っているなら、家庭教師のアルバイトはおすすめです。

生徒だけでなく保護者の方からも感謝の言葉を聞ける場合があります。

自分が頑張れば成果として見えやすく、やりがいがあるアルバイトです。

 

コミュニケーションスキルがアップする

家庭教師のアルバイトは、人と話す仕事です。

最初は上手く話ができなくても、慣れていくうちにコミュニケーション力がアップするでしょう。

保護者との対応も求められるため、幅広い人との会話力が学べます。

 

コミュニケーション力は、生きていくうえで重要なスキルです。

社会人になって役立つのはもちろん、友人や家族との付き合いにも役立ちます。

特に目上の人との会話は、敬語の使い方の練習になります。

 

家庭教師のバイトのデメリット

家庭教師のアルバイトは、デメリットも存在しています。

デメリットの部分が許容できるのか、事前に確認しておいてください。

 

生徒の都合で勤務が左右される

家庭教師のアルバイトは、生徒の都合に左右される場合があります。

例えば、生徒の体調が悪いときや、部活や学校行事で休まなければならないケースです。

生徒の都合で急に授業が休みになることは覚えておきましょう。

生徒の都合で休みになると、別の日に振り替えられることがあります。

その場合は、家庭教師の授業のスケジュールを調節しなければなりません。

大学生で自分の授業がある方や、アルバイトのかけもちがある方は注意が必要です。

 

「週一で1年間」など長期契約で一定の期間拘束される

家庭教師のアルバイトは、長期契約が少なくありません。

1人の生徒をもったら、1年間や受験に受かるまでなどの長期契約が多くあります。

長期契約でも、週に1回だけというケースもあります。また、1日の時間は、1~3時間くらいです。

どちらかというと、単発の仕事よりも長期間の仕事を求める方に向いています。

長期でも、1日の仕事は短くなるため、アルバイトのかけもちをしたい方におすすめです。

 

保護者の対応が大変

教育熱心な保護者の場合は、生徒と保護者との板挟みになってしまいます。

保護者の成績を伸ばしたい気持ちはよくわかりますが、生徒の苦労もわかっているため、対応が難しいこともあるでしょう。

なかなか成績が伸びないと、保護者から結果を求められる場合があります。

結果が出ないときは、自ら学び生徒が伸びない原因をさぐる能力が必要でしょう。

また、保護者からの圧力にめげない精神力も求められます。

 

準備が多くなる場合もある

受験対策の場合は、事前の準備が必要でしょう。自分でもテキストを読み込んで、過去問をやる必要が出てきます。

勉強時間は時給には換算されないため注意が必要です。

 

自分のスキル以上を指導しようとすれば、勉強時間ばかりに費やす恐れがあります。

勉強時間は、最初は時間がかかりますが、一度覚えればスムーズです。

経験を積んでいくごとに、授業以外の作業時間が減っていきます。

家庭教師のバイトは教えることが好きな人に特におすすめのやりがいがある仕事!

家庭教師のバイト イメージ画像6

家庭教師のアルバイトは、人に教えるのが好きな人におすすめです。

誰かの役に立ちたい人にも向いているでしょう。 

教育スキルを身につけておけば、将来にも役立つ可能性があります。

時給の高さだけでなく、やりがいの面にも目を向けてみてください。

教える行為を通じて、達成感や、自分の知らなかった能力に気づかされる場合もあるでしょう。

バイトを探すなら最大1万円のマッハボーナスをもらえるマッハバイトで

マッハバイトでバイトに応募して採用が決まれば、最大1万円のマッハボーナス(お祝い金)がもらえます!

アルバイトを探しているなら、まずはチェック!

マッハバイト家庭教師のアルバイトを探す

マッハバイトで
バイトを探す
  • バイトが決まればマッハボーナス最大1万円もらえる!マッハバイト