工場でのバイトは楽?大変?実態を徹底調査

  • #バイト探し

2021.09.01

工場 バイト サムネイル 工場 バイト サムネイル

工場のバイトに興味があっても、何となく大変そうなイメージがあるかもしれません。

実際に働くとどうなのか、工場バイトの種類から仕事内容まで紹介します。


工場バイトは、学生や主婦などにも人気があります。

ガッツリ稼ぐ方法もあるため、工場で稼ぎたい人も詳細を確認してみてください。


 

マッハバイトで
バイトを探す

工場での仕事内容とは

工場 バイト イメージ画像1

工場の仕事とは、工場内で作業することです。

しかし、工場の仕事といっても複数の種類があります。
 

工場の仕事が多いのは、食品・機械・倉庫などです。

日常的に使うものに対して、それぞれ工場があると考えてもいいでしょう。

 

また、工場の仕事は、製造ライン・部品供給・製造ライン管理の3つの仕事に分けられます。

さらにそれぞれ、製造・組み立て・加工・仕分け・検査・検品・管理・梱包・ピッキング・ライン作業などがあります。

 

何百人と働く大規模工場から家族単位の小規模工場まで、工場の規模もさまざまです。

従業員が多いのは、食品・金属・繊維などです。

全体的にみて工場の仕事は増えている一方で、少子高齢化により人員が足りない傾向があります。

工場の仕事の種類

工場 バイト イメージ画像2

次の項目では、工場の仕事の種類を具体的に解説します。

紹介するのは、食品・印刷・自動車・製薬・クリーニングです。

仕事内容は工場の種類によって異なるため、それぞれ確認してみましょう。
 

 

食品関連工場

食品関連工場では、パン・お菓子・食肉加工などを扱います。

工場では、食品を焼く香ばしい香りや、フルーツの香りなど、良いにおいがするでしょう。
 

工場での作業は、ほとんど機械が行います。人は、機械の調節、ライン作業、袋詰めといった作業をします。

パン工場では、材料を機械に入れて焼き上げ、袋詰めをします。

お菓子工場では、クリスマスやバレンタインなどのシーズンで忙しくなるでしょう。

 

食品を扱う工場では、衛生管理を徹底しています。

全身を白衣で覆い、髪は帽子に入れます。

化粧品や整髪料、香水などにおいの強いものは、食品に移りやすく注意が必要です。

工場内は衛生管理がされており、工場に入る前に手洗いやエアーなどで清潔に保ちます。
 

 

印刷工場

印刷工場では、ほとんどの仕事を機械が行います。

人は、機械に原版をセットし、インクや紙の補充をします。

印刷が終わったら、機械が裁断を行い、印刷物を包装して完了です。
 

忙しくなる時期は、年賀状やカレンダー作りの時期です。

年末は作業量が増えるため、短期のバイトを募集するところがあります。

短期のバイトでは、機械を操作することはなく、簡単な作業のみです。
 

印刷工場の注意点は、インクのにおいがすることです。

インクはにおいが強く、人によっては不快に感じるかもしれません。

アレルギーがある人は注意しましょう。
 

 

自動車関連工場

自動車関連工場では、ライン作業がメインです。

それぞれが担当する場所が決められ、流れてくる部品を加工し、自動車を組み立てていきます。

流れ作業のため、次から次へと仕事があります。

研修制度が充実しているところが多く、いきなり難しい仕事を任される心配はありません。
 

工場は地方の広い場所に大きな工場があります。

泊まり込みでの仕事が可能で、短期間で稼ぎやすいでしょう。

募集は、数週間や数か月など短期が多くなっています。

多くの人材が求められており、工場内では多くの人が働いています。

自動車が好きな人にとっては、楽しい仕事でしょう。

ただし、決められた時間で仕事をしなければなりません。

休憩時間まで体を動かすことになるため、長時間の作業が苦にならない人におすすめです。

 

製薬系工場

製薬系工場では、薬や飲料などの製造をしています。

薬は、薬局で購入できる薬などで、医薬品や医薬部外品の製造に関わることが可能です。

薬の製造は機械がするため、人は生産管理をします。

また、仕分け作業やピッキングなどもあります。

 

工場では、薬の安全性を保つための研究が行われています。

研究のための職員になるには、英語のマスターが必要です。薬の副作業を調べる重大な仕事です。

医薬品を扱う工場のため、衛生管理を徹底しています。

髪や爪を短くして、「無塵衣」と呼ばれる全身を覆う服を着なければなりません。


 

クリーニングの工場

クリーニング工場は、お客様から預かった衣類を綺麗にする仕事です。

仕事内容は、検品・仕分け・洗濯・点検・梱包などです。

工場に衣類が届いたら、異物による機械のトラブルを避けるため、ポケット内をチェックします。

シミがあるようなら、個別に染み抜きがあります。

 

洗濯は、素材や色などで分けて洗います。

機械が洗いますが、人は正しく洗えているかの管理が必要です。

大物をプレスしてシワを取り除く作業は、流れ作業になります。

また、1点ごと丁寧にアイロンをかける作業もあります。
 

クリーニング工場のバイトは、仕分けなど簡単な作業です。

最後に点検や梱包をする作業も、バイトが担当することが多いでしょう。

 

その他の工場

その他の工場では、倉庫のピッキング作業があります。

ピッキングとは、倉庫内から指定の商品を取り出してくる仕事のことです。

近年はネット通販を利用する人が増えており、工場内のピッキングバイトは多くあります。

 

ピッキングする商品は、食品・書籍・衣料品などさまざまです。

大きな倉庫であれば、幅広い商品を取り扱うでしょう。

ピッキングは倉庫内にある商品を覚えるのに多少時間がかかります。

機械で場所の把握が可能なら、作業はスムーズでしょう。

 

また、特殊な工場として、冷凍庫内の作業があります。

マイナス50度など温度の低い庫内の作業です。

冷凍庫内の作業は、防寒着を身につけます。

マグロの冷凍など、魚介類を扱う工場などです。

特殊で安全対策が必要なため、時給が高めの傾向があります。

工場の求人と働き方

工場 バイト イメージ画像3

工場での働き方は、いろいろなタイプがあります。

働く期間は短期から長期まで、雇用形態はバイトや派遣の働き方があります。

24時間稼働の工場もあるため、夜勤の仕事もあるのが特徴です。

どのような働き方があり、時給などのくらいなのか紹介します。

 

 

求人は単発や短期も多い

工場の求人は、単発や短期の仕事があります。

短期の仕事では、単純作業を任されることが多いでしょう。

 

仕事内容が難しくなく、誰でもできる仕事です。

仕事内容は単調ですが、繰り返しの作業となるため、単純作業が好きな人におすすめします。
 

単発の仕事のメリットは、面倒な人間関係を築く必要がないことです。

工場内は多くの人が働いていますが、関わるのは限られた人のみです。作業中は話すことがなく、1人で黙々と作業ができます。

また、短期でガッツリ稼ぎたい人にも単発バイトはおすすめです。

教育費のため短期で稼ぎたい主婦や、休み中だけ働きたい学生に向いています。

 

 

夜勤など好きな時間に働くことができる

工場は24時間稼働のところがあります。

24時間稼働の工場なら、夜勤でバイトができます。

夜勤は、たとえば16時~1時までや、1時~9時までといった勤務です。

準夜勤は深夜まで、夜勤は深夜の時間帯に仕事をします。
 

工場の夜勤は、日中と比べて時給が高めです。

労働基準法では、22時~5時まで賃金を25%割り増しにする決まりがあるからです。

夜勤なら日中を有効に使えるので、学校帰りにバイトをしたい学生にも向いているでしょう。

また、学校に行く子どもがいる家庭でも、子どもが寝てから働ける夜勤のバイトが便利です。
 

 

女性でも働きやすい

工場と聞くと肉体労働を思い浮かべるかもしれませんが、女性でもできる軽作業の工場は多くあります。

たとえば、手先が器用な女性に人気の食品加工、軽作業の包装や検品などです。

女性は、男性と比べて商品を丁寧に扱える人がいることから、繊細な作業が必要な現場で重宝されます。
 

女性が多い工場では、働きやすさに配慮している場合が多くあります。

たとえば、子どもが学校に行っている時間だけ働きたい、扶養内で働きたいなどの対応です。

主婦が多い職場なら、子どもの病気などで突然の休みもとりやすいでしょう。

 

 

高校生や大学生も働ける

工場によっては、高校生や大学生など学生を積極的に募集するところがあります。

学生対応の工場では、単純作業が多いでしょう。
 

ライン作業なら、ベルトコンベアで流れてきた商品に対し作業するだけです。

仕事内容は、加工・組立・検品などがあります。

また、工場のバイトはシフトの融通が利きやすいのもメリットでしょう。

多数のスタッフが働いているため、代わりの人材が多くいるためです。

時給はそれほど高くありませんが、未経験から始められて、学業と両立しやすいメリットがあります。
 

 

夜勤があれば時給も良い

一般的に時給が低めの工場バイトですが、働き方を工夫すると高時給も可能です。

時給を高くしたいなら、夜勤を選ぶか、自動車製造がおすすめです。

比較的時給が安くなりやすいのは食品ですが、24時間稼働しており夜勤で働けるところは多くあります。

また、大手自動車工場であれば、手厚い福利厚生が魅力です。

住宅手当などが支給され、手取り額を増やすことができます。

自動車工場の期間工であれば、満了時に手当が付く場合もあります。
 

 

面接時の服装など注意点は?

勤務中は動きやすさを重視する工場では、面接時は私服でOKの場合が多くあります。

面接にスーツを着て行く必要はなく、動きやすさを重視しましょう。
たとえば、デニムパンツにポロシャツなどの組み合わせです。

革靴やスカートなどは、工場の雰囲気には合わず、浮いてしまう恐れがあります。

ただし、面接時の服装は工場によっても異なります。

求人欄に服装の指定があるなら、指示に従いましょう。

 

最終的には、会社の雰囲気により服装を調節するのがおすすめです。

工場での軽作業のバイトであれば、作業ができることをイメージさせる服装が向いています。


 

自分に合った工場を見つけよう

工場 バイト イメージ画像4

工場のバイトは単純作業が多く、初心者におすすめです。

学生でバイト経験がない人や、単調な作業が好きな人に向いています。

作業自体は覚えれば簡単なものが多く、頭を使う必要はありません。

 

また、無理に人間関係を築きたくない人にも、工場バイトは向いているでしょう。

工場といっても種類があるので、自分に向いている工場を比較してみてください。

軽作業がいいのか、時給の高さを優先するかでも比較してみましょう。稼ぎたい人は夜勤や自動車工場勤務がおすすめです。


 

バイトを探すなら最大1万円のマッハボーナスをもらえるマッハバイトで

マッハバイトでバイトに応募して採用が決まれば、最大1万円のマッハボーナス(お祝い金)がもらえます!

アルバイトを探しているなら、まずはチェック!

マッハバイトで工場のアルバイトを探す

マッハバイトで
バイトを探す
  • バイトが決まればマッハボーナス最大1万円もらえる!マッハバイト